高野代表ブログ「ズバッと一言!」

2016-03-16 最後がトイレでごめんなさい

image

image

足場がはずれ外観が出来上がってきました。

まあ普通です。ちなみに写っているのは施設長の重信です。

image事務所

image休憩室

事務所の一部です。

事業所においての心臓部分です。

間取りはかなり広くとっています。もともと3棟の計画ですから当然広くなくてはいけませんが、通常こんなに広くはありません。奥にはスタッフの休憩室があり2階にも休憩室とロッカーがあります。

休憩場所の確保や事務作業スペースの確保も職員のストレス因子にかかわる問題であると考えています。

まだ胸を張って言えるレベルにありませんが、会社が職員を大切にしなくて、職員が利用者様を大切にするとは思えません。

image厨房

厨房です。この施設最大のエリアを占めています。グループの施設の食事を作るわけですから、かなり力が入った構造と設備を整えています。後は栄養士さんたちの腕次第!

おいしいご飯を期待してます。「うまい!」の一言を追求してください。

image1階廊下

image2階廊下

廊下です。廊下も広く作られています。

廊下が狭いと詰め込まれているように感じます。

あまり意味が無いように思われがちですが、廊下が広いと職員が仕事をしやすいのです。

介護の仕事は時間帯によって集中することがあります。廊下が狭いと以外と動きにくものです。

また、廊下が広いとちょっと高級感がでます。気持ちのゆとりもでるのではないかと思います。

image食堂・機能訓練室

image介護・看護スタッフ室

間に廊下を挟んで設置されています。

職員の作業スペースから壁もなく一体的に作られているため認知症の方の観察をしやすく、またほぼ中央に設置しているため歩行同線を短くしています。職員の疲労緩和や憩いの場になりやすいように設計されています。

スタッフ室もとても広く作っています。重度の方のお世話をしようと思うと流動食やボトル、心電図モニターなど広くしていても「所狭し」となってしまいますので最初から広つくっています。

image

image2回食堂・機能訓練室・介護・看護スタッフ室

2階は食堂からスタッフ室が一体構造になっています。病院など行くとよく車いすに乗ったお年寄りがナースステーションにいるのを見ます。最初から一体になっていれば観察しやすく、これもまた作業導線が短いため疲労緩和につながります。またエリアが広いとレクリエーションもやりやすく、開放感があります。

image

眺めもとてもいいです。眺めは無料!オーシャンビューだと料金アップかもしれませんが、ここは緑区。海はありません。室料に差もありません。ご契約者様早い者順で選んでいただけます。

image居室

居室です。室内にトイレはありません。私が個人的に嫌なのです。

あくまで住居ですからお部屋の中で食べ物を食べることもあります。お客さんがくることもあります。扉がついていても臭うこともあります。どうも居室、トイレ一体型は好きになれません。

また、居室内にトイレをつくるとどうしても狭くなります。非常に介助しにくいですし、車いす何かはとても入れません。介護施設のトイレは広くつくることは当然です。一般エリアでも広く作られます。私はアンバランスに思えてなりません。床はもちろんこれから貼ります。

imageトイレ

最後がトイレでごめんなさい。

通常居室内にある場合の2つ分の大きさです。

二部屋に一つ設置されています。これなら車いすも入れます。トイレ介助(移乗)は狭いと利用者様の膝などけがの原因になります。あってはいけないことですがやはり介護がしにくいとイラっとくるものです。可能な限り介護しやすい環境をつくることも虐待防止策ではないでしょうか。

 

もうすぐ完成のH&N鳴海Ⅰの内装を紹介しました。

すべてを完璧にすることは不可能ですが、できる限り工夫をしてみました。でも完璧ではないんですよね。

2期目の設計は若い子たちに任せてみようかと思っています。新しいアイディアが生まれるかもしれません。

私が設計に関わるときは利用者様のことはもちろん考えますが、まず職員の働きやすさを重視します。どんなに優秀な介護職員であってもハードが悪いとその力は発揮されません。いい仕事はいい環境が生み出すこともあります。よく「こんなにスペースがいるんですか」「変わった作りにしますね」と言われますが、自分が働くとしたら使いやすいと思うことに重きを置きます。私からするとよく見る介護施設の方が「これでどうやって介護するんだろう」と思うことが多々あります。素人経営者の詰め込み施設や建築屋主導の使いにくい施設をよく見ます。専門職から見たらそっちの方が変わってます。

 

今回はオーナーさんや設計士さんに好きなように作らせていただきました。とても贅沢な構造になっているのではないかと思います。楽しい介護施設になるといいなあと思います。みなさんに感謝です。

 

 


  • 介護のお悩み相談室
  • 社長ブログ ズバッと一言!
  • スタッフブログ
  • 先輩社員に聞いてみよう
  • 採用情報
  • グループ会社

  • 住宅型有料老人ホームH&N名東
  • 住宅型有料老人ホームH&N神明町
  • 住宅型有料老人ホームH&N鳴海
  • サービス付き高齢者向け住宅H&N宝慈苑
  • H&Nヘルパーステーション名東
  • H&Nヘルパーステーション神明町
  • H&Nヘルパーステーション鳴海Ⅰ
  • H&Nヘルパーステーションたから
  • 看護ステーション ノーブル
  • 看護ステーション ノーブル
  • ジャパンホームケアスクール
  • ジャパンホームケアスクール 介護職員初任者研修
  • ジャパンホームケアスクール 喀痰吸引等研修
  • 鳴戸部屋
  • 人という字は
  • メディア情報

PAGE TOP