高野代表ブログ「ズバッと一言!」

2016-01-23 怠慢

 ネットのニュースで「こぼした麦茶を無理やり拭かせた教師」が被害と届けを出されて処分を受けていました。あくまで報道上のことなので詳細は分かりませんが、教師にそこまで非があるように思えません。しつけの範疇のような気がします。ましてや一緒に拭いたとか。馬鹿げた世の中になりました。以前にも書いたような気がしますが、”親のしつけ”のレベルです。私たちが子供の頃は障害があろうがなかろうが家に帰ってからさらに親に怒られました。私も小学生の頃親に連れられて先生の家まで誤りに行ったことがあります。それもその時は先生にゲンコツをもらい、さらに親に叩かれ散々な目にあいました。しつけさえきちんとできていれば障害があっても社会に出ていける人が多いと思いますが、こんなことではお先真っ暗です。

 こんな教育が行われるようになってからでしょうか?歯ごたえのある社会人が減ったのは。最近はどうも納得できない根性なしが多くなったように、というよりさらに多くなったように思います。当たり前の解釈が変化してきたのかもしれないですね。そうなれば世の中の法則も変わってきます。今回のことでも思いますが、公共の施設を汚したのですから逆に被害届を出せないでしょうか。私たちも当然公共の場を故意的に汚した場合は罪になります。同じことが言えますからたとえ子供であっても障害があっても同じことだと思います。ですからこの場合教員が直接指導するのではなく、被害届を提出しさらにいけないことですから親にきちんとしつけをしていただくようしかるべきところから通達してもらえばいいわけです。面倒な世の中です。授業が始まる前に着席しなかったとします。その時点で自宅または親の会社に電話をして即座に保護者に学校へ来てもらい着席してもらうようにしつけをしてもらうことがベストな判断になります。親のしつけの怠慢なのですから。

 このままでは子供は中身が子供のまま大人になってしまいます。現実にそういったケースは増えています。会社に入社後、社員教育はしつけから。そんな時代になってきてます。私はあえて経営者的な目線物を言いますが、給料を払ってしつけをすることに違和感を覚えます。職人さんはお弟子さん時代に仕事を教えてもらい修行をつみます。すべてのことを一から教えてもらう代わりに安い給料で働きます。一般的な会社では最初からそれなりの給料が保障されます。教育は必要ですが私の感覚では本人も早くその処遇に見合うように最大限の努力をすべきではないか、それが社会人の常識ではないかとつくづく考えさせられます。介護保険は非常にふざけた制度であると私は思っています。なぜなら、上手な介護も下手な介護も料金は一緒だからです。ド新人もベテランも同じ介護報酬なのです。それでは一流を目指しません。おまけにこんな世の中です。仕事において結果がでていない、またはできていない。ひどい介護しているそんな時に強く言ったり怒ったりするとすぐに「パワハラ」と言われます。私からすればその前に「ネグレクト(怠慢)=ネグハラ」です。今は労働者の方が強い時代ですから今度は企業を守って頂きたいものです。教員も同じく今は教員が一番弱い時代ですから早く保護すべきではないでしょうか。やりにくい世の中になったものです。社会的秩序を今一度考え直さないといけないでしょう。


  • 介護のお悩み相談室
  • 社長ブログ ズバッと一言!
  • スタッフブログ
  • 先輩社員に聞いてみよう
  • 採用情報
  • グループ会社

  • 住宅型有料老人ホームH&N名東
  • 住宅型有料老人ホームH&N神明町
  • 住宅型有料老人ホームH&N鳴海
  • サービス付き高齢者向け住宅H&N宝慈苑
  • H&Nヘルパーステーション名東
  • H&Nヘルパーステーション神明町
  • H&Nヘルパーステーション鳴海Ⅰ
  • H&Nヘルパーステーションたから
  • 看護ステーション ノーブル
  • 看護ステーション ノーブル
  • ジャパンホームケアスクール
  • ジャパンホームケアスクール 介護職員初任者研修
  • ジャパンホームケアスクール 喀痰吸引等研修
  • 鳴戸部屋
  • 人という字は
  • メディア情報

PAGE TOP